ローヤルゼリーを摂りすぎた時の副作用

m004-035
身体にいいことずくめのローヤルゼリー。たくさん摂取すればするほど効果も上がる気がして、過度な摂取をする人もいます。

ローヤルゼリーは医薬品ではないので副作用はないのですが、どんな食品でも過度に食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまいますのでローヤルゼリーも摂りすぎることは決しておすすめできません。

ローヤルゼリーの摂取量の目安は、公正取引協議会により、生ローヤルゼリーで一日換算0.5グラムから3.0グラムと定められています。

この推奨摂取量の範囲内であれば特に問題はないのですが、これ以上の量を摂取してしまった場合、稀に下痢などの症状を引き起こすことがあります。

しかしこれは副作用というものではありません。胃腸の弱い人が食べすぎた場合に下痢になりやすいように、ローヤルゼリーに限らずすべての食品にあてはまる症状です。

どんなに身体によい食品でも、食べ過ぎはよくありませんよね。

デセン酸も、大量摂取は要注意!

ローヤルゼリーは一日に適正な量を摂取していれば、安全に健康体質への改善が図れます。

ローヤルゼリーだけに含まれる特有成分のデセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするために、女性の更年期障害の改善にもたいへん効果的なのです。

ですが、このデセン酸も、一度に大量に摂取し過ぎてしまうとホルモンバランスを整えるどころか分泌異常を起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

いずれにしても、正しい摂取の仕方を心掛ければ何の心配もありません。健康に有効なローヤルゼリーですから、無理せず正しく、地道に続けていきたいものですね。